音楽法話

音楽法話music sermon

不立文字教外別伝 禅宗の祖、達磨大師の教えです。
真意は心から心へ伝えるもので文字は必要としません。禅の修行は不立文字で行われるのです。仏教の教えをより多くの人々わかりやすくお話する法話、これに音楽を融合させたのが音楽法話です。音には形はありませんが、心に直接届けることはできます。まさに不立文字です。
仏教のお話のあと、その内容が想像できるような楽曲を演奏します。音楽を交えてお伝えすることで、より深く心に留めることができるのでは、そんな思いでこの音楽法話を行っています。
栖足寺住職にはプロサックス奏者として活動してきた経験があります。その経験を生かした布教活動として、サックスや笛等を使い、アコースティックギターとのデュオで全国の寺院等でご依頼を頂き活動をしています。
※音楽法話出演依頼を受け付けております。別途、お問い合わせください。

●過去音楽法話開催寺院(一部)
伊豆稲取:清光院 伊豆松崎:帰一寺 小田原:宝泉寺
湯河原:瑞応寺 羽村:宗禅寺 など

演奏風景

Topへ