復活!!綿棒№5 紫陽花のアート御朱印!

アートな御朱印・御朱印帳, 伊豆・河津の観光2019年5月24日

紫陽花の記念御朱印授与が始まりました。


早いもので、もう6月。ついこの間、河津桜が咲いたと思ったら、もう紫陽花の季節です。
一年の半分が終わろうとしている、まさに光陰矢の如しです。
この「光陰」とは太陽と月を指すわけで、時の動きを表しております。
また、禅語には、光陰可惜 無常迅速 時不待人とあります。
「光陰(時間)惜しむ可し」、まだまだと思っている間に時間は過ぎ去って行きます。
一寸、一刻を大切にしなければなりません。この世は無常そのものです。
常住、常に存在するものは何一つありません。
形あるものは壊れ、命あるものは亡んでいきます。
人生も長い長いと思っていても、いつの間にか終わりが近づいています。
「無常迅速、時人を待たず」です。
さて、一説には年を取ると一日一日が早く感じるのは、ときめきがないからだそうです・・・
ときめいていたあの頃、次の日が待ち遠しいものでした。

復活!綿棒No5!

年の初め頃、桜まつりの季節には、この綿棒を使い、描いた
河津桜の記念御朱印を授与させていただきました。
綿棒でトントンしていき桜の花びらを表現しましたが、

一枚の御朱印に数多くトントンするのですが、拝受期間1っか月
どのくらいトントンしただろう?としょうもない計算をしてみたら
だいたい、2,400,000トントンしてました(笑)
もうこれは日野の2tトンではなかったです。
そして、今回は紫陽花の花びらを綿棒で表現トントン


境内にも咲き誇る紫陽花

境内にもたくさんの紫陽花が咲き誇ります。
西洋紫陽花、日本紫陽花、天城紫陽花。
天城紫陽花は甘茶にして頂きます。

梅雨の季節にもなりますが、河童寺だけに
雨模様もなかなか風情があります。
是非この季節に御参拝ください。

紫陽花の記念御朱印

授与期間 令和元年6月1日より6月30日まで
御寄進  1000円
御朱印帳に直書き、書置き両方可能です。
詳しくは栖足寺HP御朱印ページ
http://kappa.live/akusejo/

Topへ